読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツプロorサラリーマン!?

ダーツ上達のための情報をまとめています。バレルについて、フォームについて、プロ選手について、ダーツボードについてなど。

らっきょの小部屋で楽しくダーツをするために

2013y06m18d_172029616

 

ダーツの話題で盛り上がるから楽しいのか、 井出らっきょさんに会えるから行きたくなるのか、 とにかく、話題のダーツ場が「らっきょの小部屋」です。

  神奈川県の新丸子駅から歩いて3分もあれば着いてしまうほどの場所にあります。

ダーツ界ではなくとも、らっきょさんといったら”あの”井出らっきょさんしかいません。  

 

しかもダーツの腕も相当である程度の実力者ならば ダーツを通して楽しく話ができるようになるでしょう。    

 

井出らっきょのいるダーツバーがーある

このバーのいい点は時間が12時からと、お昼からあいているところにもあるでしょう。

平日に休みが取れたときなどは、午前中に家族サービスを済ませて、 ゆったりと楽しむこともできます。  

 

午後5時までは1000円で投げ放題や、 ドリンクもビールが最初のいっぱいは400円からと行きやすい価格になっています。  

何よりも、ほとんど毎日店長の井出らっきょさんがいてくれて、 そのつてなのか、芸能人やトッププレイヤーも来店することもあります。

 

 

これは運がよくなければなかなか合えませんが・・。

もし出会えたら、教えを乞うのもいい経験となってきます。    

 

ダーツバーの最低限のルールが守られているところがいい

スタイルはダーツバーで芸能人に会いに来た!

というよりはダーツを楽しみに来ている訳です。

 

ですので、一般的なマナーは最低限、守る必要はあります。  

騒いで写真を撮りまくったり、野球投げをしたりなど 素人丸出しだけは避けたいですよね。

店の雰囲気を見ていると、そういったお客さんは 自然と排除されているような雰囲気がしっかりとあるので、 トッププレイヤーもたびたびきてくれるようになっているようです。  

 

ダーツマシンもライブ2が2台、ライブ2が1台、 フェニックス1台とそろっています。

ダーツプレイヤーとして一般的なマナーを守っていれば 他の店と同様に、入りやすいところになっています。    

 

楽しいコミュニケーションにダーツは有効

お店に行ってみると、「本当にいたんだ」という 不思議な感覚に襲われることもあるでしょう。

この店に来る人は30才前後が中心となっていて、 パーティーやダーツバー合コンにも対応してくれています。  

 

特殊なダーツバーに来る人の客層はより、 明確な目的が出てきているために、コミュニケーションが取り易くなっています。

サラリーマンでダーツを始めて、まずは楽しみたい。

という気持ちが強い人ばかりです。  

 

そのためにより楽しい話ができてきそうです。

実力は違えども、ダーツの楽しさを 知っている人同士なのでいいのかもしれません。

サラリーマンプレイヤーも沢山きているので、 仕事を持ちながらいかに時間を作っているか、いい方法はないか、 という悩みを話しあったりしてしまいます。    

 

ダーツバー合コンや二次会にもちょうどいい

目玉があるダーツバーで合コンができるのは、 自分の長所を行かせる一番大きなチャンスです。

もしあまり知らない女性がいたら、そこでダーツを 教えてあげながら仲良くなることができるし、 ある程度のうまい人には対戦を申し込んでじっくりと遊ぶこともできます。  

会社の飲み会でいやいや参加していたときなどは チャンスがあったら、仲のいい数人で二次会をこちらにしておけば、 ダーツもできるので一石二鳥です。

珍しく、かっこいい、ダーツをしている姿を見せ付けることもできるでしょう。

 

合コンで使うなら、女子から「なげさせて~」といわれるダーツを持っていることは一つのステータスになりそうです。

 

lokiなんてどうでしょう?

 

噂は聞いていても、持っている人は余りいないのです。