読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツプロorサラリーマン!?

ダーツ上達のための情報をまとめています。バレルについて、フォームについて、プロ選手について、ダーツボードについてなど。

WANTONダーツ教室の詳細

2013y06m29d_210815124

 

一人でダーツを始めてみようと思うと、何から用意をしていいのかも分からないかもしれません。

ある程度実力がついてきても、自分の課題と言うのはなかなか 気がつかないもので教わるのはひとつの手段としてあるのかもしれません。

 

 

ダーツバーに行ってみると、結構教えてくれる人は沢山いるので、 気軽に教えてください、と言いやすくなっています。

欠点は時々、「Aフラの私が教えてあげよう」といったありがた迷惑な人がいることです。 ダーツをやっている人って教えたがりが多いからです。

WANTONさんに一度でも習っておくことで、教えるにも教わるにもいいポイントがわかってくるでしょう。    

 

ダーツは教わってうまくなるものなのか

ダーツは基本さえ間違っていなければ練習で必ず技術が身についてきます。

Aフライトになることは簡単だ、との話をよくききますが、まんざらうそではないのです。

 

ただし、一番大事なところを抜かして練習をしていると、それはまったく上達しないことにもなってきます。  

教わって、言われたことだけを忠実に繰り返していることも、教わる人の技量によって変わってきてしまいます。 誰に教わるのか。

 

これが一番重要なことになってきます。

教わってうまくなるのかは一概には言えないことになってくるのです。

 

人によって体質や感覚も違うために、まねをしても同じように狙いが定まらないことがあるのです。  

たとえばプロでも教え方のうまくない人が少なからずいます。

そういった方はこれまで我流で進めてきて、自分に合った投げ方を見つけてみた人です。

 

そのために自信を持って、「これが正しい投げ方です」と結論付けてしまうのです。

その投げ方があなたに合っていれば、もちろんいいでしょう。

 

狙いのつけ方などまったく違ったときはフォームを変更して、一から練習を積み重ねていかなくてはなりません。

教わって、フォームを変えて、入りづらくなってしまった。

これは実際にあることなのです。    

 

WANTON(渡部紘士)さんの実績

 

ワンタンさんの実績は言うまでも無く、現在のダーツ業界では20年間トップに君臨し続けてきた本物の実力者です。

日本代表としてワールドカップにも何回も出場し、優秀な成績を出し続けてきました。

現在ではダーツを教えると言う技術にも長けているために、各所で教室を開いたり、講演なども行っています。

 

さて、なぜWANTONダーツ教室がこれほど注目されているのか、 という点ですが一番大きいのは技術を持った本物のプロに実際に出会える、ということが大きいことでしょう。  

 

この教えている経験をDVDにまとめて販売もされています。

言っていることは一貫していて、DVDと同じことも教えてもらえますが、 テレビをとしてみたものと、実際にお会いして教わるのでは大きな違いが出てきます。

 

さらに、人のタイプによって投げ方やフォームは分かれてきますので、 その人に一番あっている教え方をしてくれることはメリットでもあります。  

 

ダーツ教室のシステム

ゲーム料金はもちろん払ってから教わるわけですが、それ以外は無料になってます。

これは教わらなければ損でしょう、と思わず言ってしまいたくなるほどです。

WANTONさんほどの方が、なぜそこまでして教えてくれるのか気にもなってきました。

 

おそらくひとつはこのWANTONダーツ教室を行っている場所です。

後でも紹介をしますが、すべてナチュラルナインで行われています。  

 

月に数回と言うことですが、各店舗を一回ずつ回って教えに来てくれているようです。

ナチュラルナインが会社でWANTONさんにお願いしているのではないでしょうか?

 

もうひとつ思い当たることですが、WABTONさんはダーツ上達商材として、DVDを販売しています。

そのプロモーションをかねて、ということと、やはり教えるのがすきなのだと思います。

 

予定よりもはやく参加者が集まってきてくれていたときには早めに始めたり、時間をオーバーしてもじっくりと教えてくれます。  

人事ですが、疲れないのか心配になるほど体力があるのです。

 

やはり、ワールドカップで勝ち抜いてきた実力は基礎体力もあるようです。

ちなみに、これらの店舗によってはワンドリンクで1500円ですとか、500円飲み放題付きも実施されています。

ダーツ教室のエントリーは各店舗ごとに受付をしているので、開催される日にちの確認と一緒に、一度見に行ってみるといいでしょう。    

 

ダーツ教室を開いているお店

ナチュラルナイン池袋

2013y06m29d_205344931

ナチュラルナイン千葉

2013y06m29d_205649570

 

併設しているダーツカフェもあるために、お店の名前は混乱するかもしれません。

しかし、ダーツショップの店で千葉県では最大らしいので、見つけたら間違いなく、こちらだと分かります。  

 

ナチュラルナイン横浜

2013y06m29d_205722346

 

横浜には熱心なファンも多いので、とても交換がもててきます。

お店の詳細、と言うよりも細かい情報は教えてくれたりしています。  

 

ナチュラルナイン中野

2013y06m29d_205832441

 

中野店では別名がついているようです。

ダーツショップlapinとかかれた看板がありました。

しかし、店員などはナチュラルナインのサイトと一緒の優しい方たちが いてくれるので、あまりお店の名称は木にしなくてもよさそうです。

ゲーム代以外に500円で飲み放題付きになります。  

 

DartsBar Y's

2013y06m29d_205815873  

ダーツ教室へは通うべきか

最終的な結論はやはり自分自身でつけることになるでしょう。

しかもWANTONさんは脅威の10時間ダーツ上達商材【小熊式】の小熊先生の後輩に当たります。

実力も教える技術も相当のものでしょう。

 

しかし、問題点はいくつか出てきます。

ダーツに限らず、大きな成長をしたいときには自分で課題を見つけて処理する力が必要とされてきます。

言われたことだけをただこなしてしまうことは、成長には遠回りになってくるのです。  

正しい考え方、練習の仕方を身につけてからは自分の力で成長が出来るように努力をしていくべきです。

そして、躓いたときにはまた教わりにいくなり、商材を購入するなりをして、解決をしていくようにしてください。