読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツプロorサラリーマン!?

ダーツ上達のための情報をまとめています。バレルについて、フォームについて、プロ選手について、ダーツボードについてなど。

01(ゼロワン)最後の一本でバーストが続く

毎日つれづれ

シングルアウト狙ってるときに限ってトリプルに入ってしまう。

  • または、最後の一本になると狙いがずれてバーストしてしまう。

その原因を探っていくと、意外な結論も出てきます。

それは自分の悪いフォームに気づけるまで、実力が付いてきた・・・。 ということになるのかもしれません。    

 

シングルを狙って打つ技術が足りていなかった

ゼロワンは一定の実力が無いとバーストばかりしてしまう競技です。 最後にきっちりと締めるためには、狙ったシングルへ 確実に入れるだけの実力が必要です。 今までは狙う、ということすらなくて、グルーピングも出来ていないので、 そんなことを気にしていなかったのだと思います。   それが、 きっちりと収めて、あがりたい! この気持ちからバーストを意識するようになったということです。    

 

BULL狙いに逃げてはいけない

ゼロワンでバーストしないように怖がってチャレンジしないことは 技術向上には向かなくなってきます。 練習で補ったり、最後の状況をまねて狙う練習をしたりなどしても、 実際の本番とは環境が変わってくるので、効果はあまりありません。   ダーツがメンタルのスポーツだと言うことを忘れてはいけないと言うことです。 誰もが通るスランプの抜け道はこのような小さなことにあるのです。    

 

メンタルを鍛えるために技術の練習

では最後の1本がバーストしないためには何をすればいいのか、です。 これはメンタルを鍛える意味でも、技術を磨くことです。 練習をすること、と捕らえてもいいかもしれません。   シングルでいい、では無く、シングルでなければだめ、 と言うくらいに絞り込んで狙って投げていきます。 徹底的に調べつくして、思いっきり練習をしていくことで、 狙ったバーストをしない自信が出てきます。

 

時には、「思い切ってダブルを狙ってみようかなぁ」などできる技術も付いてくると、 バーストをする自体は完全に無くせるでしょう。   狙ったシングルに入れる技術って、ダーツプロならば必須のものです。 忘れていませんか? メンタルを鍛えるためには自信をつけることって、必要ですよね? だから、フィルテイラーのメンタルを手に入れたいと思ったりもするんです。

最近では、フィルテイラーモデルのバレルが出てくるようになりましたね。 こういったバレルを手に入れると、自信がでてきて 強くなることがあります。見てみるくらいは必要ではないでしょうか?