読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツプロorサラリーマン!?

ダーツ上達のための情報をまとめています。バレルについて、フォームについて、プロ選手について、ダーツボードについてなど。

ダーツの軌道がずれる

思い描いている軌道にいつも乗らなくて、 ダーツがうまく的に刺さらないようになってきます。 原因ももちろんありますが、もしあなたが、発展途上だった場合には 逆ではないかとの考え方も出てきます。

  それは、やっと余裕が出てきて、ダーツの軌道を見ることが 出来てきたのではないでしょうか。 初めて気がついて、軌道をイメージしてみたときに、 その考えている軌道は物理的にありえない軌道ではないかということです。    

 

リーリースポイントがずれている

イメージしている軌道からずれてきてしまう原因で考えられる一般的な回答は、 リリースポイントがいつも違っていることです。 「さっきはこうだったのに、今度は軌道が違う・・・」 このように思えてきてしまう理由は投げ方が、変わってきているからです。  

 

全く同じように投げたとしても、ダーツが手から離れる瞬間の位置が 変わってしまっているのです。 この場合は、練習だけでどうにかなってきます。   一度投げた軌道と同じ軌道になったものを正解、同じように投げているものを 不正解として、身体に叩き込んでいきます。 投げるたびに自分に言い聞かせていくことで、 同じ軌道になり、グルーピングも出来てくるでしょう。    

 

軌道をイメージできていますか?

さらに上の段階、もっと狙いの正確性を上げるためには、 軌道の研究が必要になります。 頭でイメージしているBULLに刺さる軌道が間違っていることがあります。 軌道について書かれているサイトは他にもあります。  

物理法則で考えていくと、ダーツは山なりになって行きます。 理想的な、優しい投げ方をしたときには大きく山なりになった、 軌道をイメージしていなければならないのです。   ここではこのような間違いを正すための方法も考えてみようと言うわけです。 あなたが考えている軌道は山なりできれいですか?    

 

正確な軌道をイメージできる訓練を!!

正確な軌道をイメージするために必要なことは自分の練習だけではありません。 トップのプレイヤーの投げている軌道を沢山見ていくことが必要です。   フォームに関してはよく、「プロのまねをしてもうまくならない」 といわれていますが、軌道だけで考えた場合にはとても参考になります。

このとき、テイクバックの位置から軌道を追って行ったほうがはるかによくなります。 まずは理想的なフォームを作り上げてしまうことです。   それから軌道のイメージを附けていきます。

 

あなたのフォームのままでその軌道をイメージできたとき、 ひとつ上のRtが見えてくるのではないでしょうか。 ダーツスランプに関しては解決するには小熊式以外に無いといえるでしょう。 10時間という長い収録時間の中には あなたの悩みにピッタリの内容が必ず出てきてくれます。