読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツプロorサラリーマン!?

ダーツ上達のための情報をまとめています。バレルについて、フォームについて、プロ選手について、ダーツボードについてなど。

ダーツ投げ方,上達,練習法【小熊式】のレビュー【評価S】

2013y06m21d_180908132

 

小熊恒久さんとその弟子のKAZUMAさんのよる ダーツを上達するためのヒントが隠されているDVDです。 普段から気になっていたけれど、くだらなすぎて聞けないような 細かいことを撮影者がしつこいくらいに聞いてくれています。

 

 

  不思議に思っていた小さなことから疑問を解消していくことで、 頭の中は霧が晴れたようにスッキリとして、 質の高い練習をすることができるようになるでしょう。 ルールなどの調べればわかることは一切触れずに、 純粋にダーツの投げ方や、どのように練習をしていけばいいのか、 ということを話してくれています。   沢山の弟子を育ててきた小熊恒久さんだからわかる、 膨大な練習から導き出した答えと、KAZUMAさんの 理論的な考えの受け答えはすばらしくできています。

 

何よりも投げ方を一切押し付けないというところにあるでしょう。 ダーツ競技はいかにして的に当てるかを追求した競技です。   理想的な形は人それぞれが違う、ということからその人にあった方法を 教えようとしてくれていました。 ダーツバーで投げながら話し込んでいる姿は小熊恒久&KAZUMA両氏とも 生き生きとしていました。

 

このDVDの使い方

サラリーマンでは家に帰ってきて、「ではダーツバーへ!」などの 余裕がないことが多いのではないでしょうか? ダーツを投げること以外に何かできることはないかと思ったときに お酒でも飲みながらDVDを見て、 自分の投げ方を再度考え直すときに一番役に立ちます。 そうすることでこのDVDの欠点を補うことができるからです。   欠点とは「とにかく長い」のです。

 

全部で4枚に分かれて総時間が10時間近くになっています。 同じダーツバー、同じメンバーで何回かに分かれて撮影をしていたようですが、 余計な話をしながら、お互いのフォームや癖を見ながら進めていきます。   基本的には撮影者が質問をして、その答えを確認しながら 小熊恒久さんとKAZUMAさんが教えてくれる、 という形式ですのでとにかく時間がかかってしまうのです。

 

自然体で話しながら進めていくために用意されていた 質問の答えから新たな疑問が湧き上がってしまい、 それも解消していくために、脱線?が多くなっていきます。   まるで、ダーツバーで上級者に教わりながらプレーをしている姿が そのまま体験できるとも言えるのではないでしょうか?

疑問をどんどん解消しながら時間をかけてゆっくりと進めていく様子は、 途中で止めなくても、理解して順番に進められます。 一度見るだけではなくて、毎日ちょっとづつ、何度も見直すことで だんだんと身に入ってくるでしょう。

 

デメリットが二つほどあるが・・・

教則DVDにはいい点ばかりではなく、デメリットも出てきてしまいます。 ダーツ投げ方,上達,練習法【小熊式】では今までの教則DVDには なかったデメリットが出てきていることも否めません。   それは 「収録時間が10時間と長すぎる」 ことと、   「撮影の質がちょっとだけわるい・・・?」 ことの2点です。  

 

これはどうしても、なくすことのできない点です。 時間の長い点は小熊恒久さんが 「たった10時間に収まったんだ・・・」 との発言をしているほどですべての技術を習得できるように 細かにしてきたために、長くなってしまっています。   そのために、無駄な部分は一切なく、削りようもなかったようです。

 

撮影の質が悪くなっている点に関しても、 ダーツバーの雰囲気がそのまま現れているので、 視聴の仕方のよっては気になるものではありません。   あくまでもダーツバーで上級者に細かい点を 教えてもらっているような感覚で見ていくことで、 自然と内容が入ってきて、家でも練習をしたくなってきます。 大事なのは画質ではなく中身だ! と思っていただけるといいのかな?と思います。    

 

どのレベルの人に向けて作られているか?

DVDを見た素直な感想はルールを覚えた初心者から、 AAフライトを目指す中級者向けの教則DVDかな? という印象でした。   もちろん、ルールを覚える前の方でも、スタンスから、グリップから、 丁寧に教えてくれているので 自分なりの正しいフォームを見つけることには役立つと思います。 始めてダーツをするというときに、理想的なフォームで グルーピングができているというのは、周りが驚いてくれます。

 

さらに、間違ったアドバイスをされても一切ぶれずに 自分のスタイルを貫くメンタルも手に入れることができるでしょう。   しかし、ルールはもちろん、ダーツの楽しさもわからない状態で、 この10時間のDVDを見ることは苦痛になってくるでしょう。 そのために、ゼロからの初心者ではなく、 ルールを覚えてもっとうまくなりたい、 と思い始めたレベルからがいいのです。  

ただし、勘違いをしてはいけない部分は練習をしなければうまくなれないことです。 すべての細かな疑問に答えてくれている印象からは 悩みがなくなり、 もっと練習をしたい、 と思えてくる内容でしょう。   そこでまず、ダーツバーなり、ネットカフェなりに行って、 自分のフォームをもっと洗練させるように取り組んで AAフライトまでの最短距離を目指しましょう。 という内容が表向きです。    

 

上級者にこそ見て欲しいDVDです。

私が見た印象ではとて細かな部分にまで気を配っていて、 慣れてきているダーツプロでも見るたびに新しい発見ができるということです。 ある程度の実力になってくると 「教えてください」 といわれることも増えてきます。   多くのプロは我流で上達しているために、 自分が見つけた独自のフォームを押し付けるように教えてしまうのです。 ダーツがうまい人と、教えるのがうまい人は別だということを改めて気づかされます。  

さらに、これまで我流にこだわってきた人にとっては その他の教則DVDは見ることができないでしょう。 なぜかというとほとんどのプロプレイヤーの教え方もまた、 自分のフォームを押し付けているに過ぎないからです。

もちろん、どのフォームにもメリットとデメリットは存在し、 結果は当たればいいのです。   すべてのフォームを否定しないで再確認をさせてくれるDVDは 今のところダーツ投げ方,上達,練習法【小熊式】しか、見当たりません。

 

このような内容ですから、抵抗なく、じっくりと見ることができるでしょう。 今まであいまいだった部分や無意識にしていたフォームに 裏づけがされていくときの解消感は大きなものがあります。   あなたの今のダーツスタイルと否定するものはありません。 もう一度、基礎からチェックしなおすことで練習の質を 高めることができる内容になっています。 本心ではダーツプロとして活躍している人にこそ、見て欲しいと思える濃い中身です。  

 

価格については高いといえるか

このDVDの価格については受け取る人の見方しだいで、 高いとも安いとも受け取れるものになっています。 時間だけで見ると、9時間47分。それを価格で割っていくと 1分が26円弱で見られるという計算になります。  

通常のDVDが2時間だとすると、1分間の価格は83円ほどになります。 こういった割り算で考えていくと、激安だという結論ですが ノウハウの中身の濃さが一番の決め手となることは間違いありません。

 

button_003  

オリジナル特典のご案内

当サイトから「小熊式ダーツ上達法」を購入していただいた方に限り、 7つのオリジナル特典をお付けしています。 ただし、先着30名限定とさせていただきます。 特典は購入サイトより、Zipファイルでダウンロードできるようにしてあります。

tokuten1

tokuten2

tokuten3

tokuten4

tokuten5

tokuten6

tokuten7

 

 

購入の際に、特典が付いていることをご確認を お願いいたします。

2014y04m09d_220854934

 

現在、毎日のように購入をしていただいております。 先着で30名様限定の特典とさせていただいております。 特典をご希望の方は、お早めにご決断をお願いいたします。

button_003