読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツプロorサラリーマン!?

ダーツ上達のための情報をまとめています。バレルについて、フォームについて、プロ選手について、ダーツボードについてなど。

BULLに入らなくなったBBフライトの原因

一定のレベルになると訪れるスランプの中で重症なものは BULLに入らなくなる、と言う症状です。 BULLはダーツの一番真ん中ですから狙いやすく、 久しぶりのダーツでも何度か投げているうちに

感が戻ってきて入りやすくなります。 なぜそのような現象が起こるのかと、治し方を検証してみます。    

 

間を空けるとダーツは入らなくなる?

1ヶ月、2ヶ月ぶりにダーツをすると、2種類どちらかの感想が出てきます。 なんだかいぜにょりも調子がいい前よりもずっと下手になったの二つです。 本当にそれほどの大きな差が出てくるのか?と気になるところですが、 実際には人間の感覚がアバウトなものだという証明でしかありません。   結論として、あなたの実力は変わっていません。 以前の感覚を忘れてしまっているので、 そのように感じてきてしまっています。

 

ただし、下手になったかもしれない、なかなか入らない、 と頭で考えてしまうと、段々とフォームを変えたり、 立ち位置を狂わせたりとしてきてしまいます。   ある程度の実力がついてきているからこそ、 このように悩み始めてしまうともいえるのです。    

 

まったくBULLに入らない人と考えられる原因

スランプとはある程度の実力(Bフライト以上?)の人しか、 かからないものです。 自信があって、もっと、うまくなりたいと思ってくると、今まで おろそかにしていた部分が初めて露呈してくるからです。   ダーツの中で、基本を飛ばしてずっと投げ続けて来た場合は、 初めて出来た壁に戸惑い、それ以上Rtが伸びなくなってしまうのです。

 

少しの不安からフォームを変えようと試みてしまいます。 あれこれと変えていると、初めはBULLに入りません。 だから、またフォームを変えてしまうのです。   自信を持って、このフォームだ、と言い切れるものを構築してしまうと 上達をするための質のある練習に絞り込んでいけます。    

 

フォームを見直す時期に来ているのかもしれない

もし、今までに、誰にも教わらずにその実力を身に付けていたとすれば、 才能だけで投げていたことになります。 もちろん楽しければそれでいいのですが、さらに、 実力を伸ばしたいと思っているのならば、 じっくりと基本を考えてみることをオススメします。  

 

投げやすい自分に合ったフォームを身に付けることが 出来ていればいいですが、理論的に考えて、 どうしてもやらないほうがいいものも出てきています。 僅かなその点をチェックして直していくことで、 もう一段階上の実力をつけることが出来るでしょう。