読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツプロorサラリーマン!?

ダーツ上達のための情報をまとめています。バレルについて、フォームについて、プロ選手について、ダーツボードについてなど。

腕を出してもまともにダーツが飛ばない事態

ある日突然、ダーツが飛ばなくなってきてしまったら、どうしますか? それも、狙いが外れるなどの程度ではなく、 まったく投げられない事態です。

  ダーツを投げようとしたときにだけ、急に硬直してしまって、飛距離がゼロ。 その場にダーツが落ちてしまうほどです。 話はきいたことがあるとおもいますが、イップスとは ここまでの現象になって初めて自覚をするものかもしれません。    

 

イップスとは逃げの一言なのか

Bフライト以上になると、自分の実力以上のものを誇示したくて、 気軽にイップス、と言う言葉を使います。 実際にはAAフライトほどのプロのレベルで始めて、 起こりえる病気だと考えていたほうがいいでしょう。   自分はイップスだ、と言うことは簡単ですが、 そう簡単になるものではありません。 ただし、メンタルが弱いプロになりたての人が大事な試合をきっかけに、 なってしまうこともありえます。    

 

ボール投げから始めてみる手

もし、イップスになってしまうと、大きな絶望感が出てきてしまうので、 ダーツをしたくない、と言う気持ちが強くなってきてしまいます。 投げられないのですから余計に沿うでしょう。 その場合、無理をして投げえることも、イップスになったことが無い人に 相談することも、まったく意味がありません。  

 

イメージトレージングからじっくりとはじめていくことが効果的です。 さらには、投げる、と言う動作を普段からやってみることです。 紙を丸めてゴミ箱に投げる、郵便物を机の上に投げる、 などその程度からです。 ほんの少しのことから始めていくしかないようです。    

 

対策をしていくには

ダーツのイップスだけに焦点を当てたものは今のところ、 私は見たことがありません。 上達DVDでも、あまりスランプなどは語られず、 試合でいかに勝つか、理想的なフォームを作るための方法などばかりです。  

 

最近では、その視点で見ると、よい商材が沢山出てきています。 スランプとイップスの違いについてと、 イップスの治し方などに言及しているものはダーツ上達【小熊式】しかありません。

その中でも、スランプの治し方についてはたった一言で解決していました。   根拠があって、そのやり方を貫けるならば、治せると証明になるでしょう。 何かひとつ、自分のやり方を最後まで貫いて見ましょう。