読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツプロorサラリーマン!?

ダーツ上達のための情報をまとめています。バレルについて、フォームについて、プロ選手について、ダーツボードについてなど。

ダーツプロの肩の角度を研究

毎日つれづれ

ダーツのフォームはぶれる部分が多いために、 グルーピングができなくなります。 そのうちのひとつは肩の角度にあり、トップのプレイヤーは 違いはあるのに投げ方も本当にきれいです。

  フォームを固定する大きな要素、肩の角度について調べて見ます。    

 

理想的な肩の位置とは

ハードダーツでもソフトダーツでも王者といわれる、 フィルテイラーの肩の角度を見てみます。 フィルテイラーは見事といってもいいほど、ダーツに対して、 肩の角度が90度になっています。

 

 

ダーツボードに対して、ピッタリ90度になっている肩の角度は理想的です。 理論的に考えたときにはダーツがまっすぐ飛ぶために、 狙いもつけやすくなります。   一時期は私は右投げの場合は少し右側から 斜めにダーツが刺さっていくと思い込んでいました。 それでも当たればいい訳ですが、ボードに まっすぐ刺さるこの姿を見てしまうと考え方は変わってきます。    

 

江口祐司プロ、山田勇樹プロ、星野光正プロ3選手の肩のライン

PARFECTのサイトからダーツプロのフォームのページを見つけました。 トップの3選手のフォームを後ろから撮って分析しているもので、 PDFが必要ですが、見ることが出来るようになっています。

 

⇒ トップ3ダーツプロの方の角度

 

確かに、有名でうまい選手は方の角度はダーツボードに対して、 90度に近くなってきています。   実力が上がって、フォームを少しずつ調整していく段階で、 形が変わってくるようです。 無理やりに肩を作ってもうまくはいきませんが、 徐々に意識をしていくと身体になじんだ形で、 変わってくるのかもしれません。    

 

無理やり合わせるものではない

肩の角度を90度にしてみると、ひじも固定されてきて、 左右の狙いのブレが少なくなってきます。 しかし、投げやすい形で投げていくことが大事で、 いつも同じフォームで投げられるようにすることがダーツのポイントです。 そのために、無理やり、トップのプレイヤーの形を まねていくことはいいことではありません。  

 

まとめると、

  1. 理想的な肩の角度はボードに対して90度
  2. そこまで出来ると、ひじも固定されてくる
  3. 無理やりではなく、徐々に矯正していく必要がある
  4. 意識をしているだけで、段々と理想の形に近づける

このようになってきます。

 

プロの投げ方を見てみませんか?僅かな時間ですが、DVDの一部を抜粋して見せてくれています。そこからでも学べることが多いのがダーツ上達商材の良い点ですね。