読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツプロorサラリーマン!?

ダーツ上達のための情報をまとめています。バレルについて、フォームについて、プロ選手について、ダーツボードについてなど。

谷内太郎プロの重大発表の真意と成果

ダーツプロとして活躍をし始めると どうしても時間が取りにくくなってきてしまいます。 ダーツグッズの会社に勤めていても、そこは変わらないもので 抑止力のようなものが働いてきてしまうものです。

  谷内太郎プロの大きな決断をした昨年10月、 自身のブランドともいえるダーツバーをオープンして、 ひとつの目標をかなえた谷内太郎プロには これからも活躍を期待してしまいます。    

 

ダーツバーのオーナーとなった谷内太郎

2012年8月にそれまで努めていた㈱Bullshooter Japanを退社し、 新たな生活を手に入れた谷内太郎プロは 自信に満ちている気がしました。

 

そのころの一番近い時期の谷内太郎です。   重大発表として、退社とバーの開店を決意したころと比べて、 まだ悩んでいたときのようで迷いがあるようにも見えてきます。 別な見方をすると、ここから吹っ切れてきて、 未来に強い期待を持つようになったのでしょうか。    

 

Taro's-loungeの一番いいところ

taro's loungeの場所は横浜駅から徒歩10分と立ち寄りやすく、 入りやすい雰囲気を作ってくれています。 一番ありがたいのはダーツバーなのに、 テーブル席でガッツリとご飯を食べることも出来ることです。   プレイヤーとして、オーナーとして、今までに思っていたことを 形にしたのでしょう。 ホームページが見つかりずらく、探すことが大変でした。

 

2013y07m28d_193143746

 

⇒ Taro's-lounge

日帰りで行くにはちょっと時間が遅くなりそうなので、 連休を取れるときにいって、ガッツリと堪能して期待と思います。

 

谷内太郎の現在はどうなっているか

2013y07m28d_193641754

 

http://9darts.tv/tournament/match.php?tkey=663

 

PERFECT仙台大会で優勝してからのTaro's-loungeに、 ちょっとした変化がありました。 変化、というかイベントです。   お店のブログには面白いキャンペーンを開催してくれています。

 

2013y07m28d_193817488

 

合言葉を言うと、20%引きになってくれるのだそうです。 もちろん、これから以降も谷内太郎プロがトーナメントで優勝しなければ、 期間は無くなっていくでしょう。   新しいバレルには谷内太郎プロの意気込みも入っているのです。 これは谷内太郎プロの覚悟でもあると思っています。

 

つまり、これから先もダーツプロとして 活躍していく気持ちが強いということです。 出来れば、忙しくなっても、お店に顔を出し続けて欲しいですね。