読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツプロorサラリーマン!?

ダーツ上達のための情報をまとめています。バレルについて、フォームについて、プロ選手について、ダーツボードについてなど。

DARTSLIVE-100Sのスピーカーの問題点を解決

ダーツボード

ダーツボードを購入して、家でもダーツの練習が出来るようにする場合、 候補の中にDARTSLIVE-100Sは必ず入ってきます。   タイトルではスピーカーが悪すぎると書いておきましたが、 その欠点以上の本物に近い質感を作り出してくれるからです。

ライブプレイヤーにとっては業務用に近い感じは捨てがたいのです。 お問い合わせが多かったため、専用のサイトを作りました。 毎日1記事更新中です。

 

DARTSLIVE-100Sの欠点

 

クリケットをしている場面だと、DARTSLIVE-100Sの音質が いかに悪いかがわかってきます。   音が割れている程度ならまだ我慢が出来そうですが、 それだけではなく、ダーツが刺さったときの音は響いてきてしまいます。 中途半端な状態になっているために、 少々購入をためらってしまうこともあるのでしょう。    

 

スピーカーの問題を解決するには

静音性に関する問題は以前にも取り上げていました。 ここではそれ以外の問題点、スピーカーについて 考え直してみたいと思います。   DARTSLIVE-100Sのスピーカーについては どうしても問題点がで的しまうのです。 DARTSLIVE-100Sの外にスピーカーを用意して、 つなげられればいいと思っていますが、そのような仕様になっていないために、 中身をいじって、スピーカー対応にするしかないのです。

 

  2013y08m06d_161457146

MANだらけ(´・_・`)

 

たとえばここのように、自分で工夫をして、割れていない音DARTSLIVE-100Sから取り出すことも可能です。   家でコソ練をするためにそこまでするのが、いいかはちょっと分かりませんが。    

 

そこまでしてDARTSLIVE-100Sにこだわる理由

一説にはDARTSLIVE-100SかPC-darts2か どちらかだともいえるくらいに性能もよくなってきています。   DARTSLIVE-100Sはスピーカーが物足りない、 PC-darts2は音の種類が物足りない、と欠点があります。 そのかわり、どちらも、その欠点を技術で補うことは出来るのです。   私は改造はしません。  

 

なぜかというと、ダーツがうまくなりたいだけだからです。 「家でダーツの音を本格的に楽しみたい」 という人はチャレンジしてみるといいでしょう。   純粋にダーツがうまくなりたい人は改造している時間が もったいないと思ってしまうのかもしれません。 その場合、スピーカーこそ悪くても、そのまま ダーツライブの音が出せるDARTSLIVE-100Sは選択肢になるでしょう。

 

私が考えるダーツをはじめるための条件とは 練習しやすい環境(ダーツボード)と 慣れているバレル(アサシン)のセットだけです。