読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツプロorサラリーマン!?

ダーツ上達のための情報をまとめています。バレルについて、フォームについて、プロ選手について、ダーツボードについてなど。

ダーツライブ100sのセグメントを長持ちさせる改造方法

ダーツボード

家庭用ダーツボードの決定版ともいわれるほどのダーツライブ100sでは セグメントについても評判はとてもよくなっています。 人によっては 「業務用よりも気に入っている」と いう人もいるくらいです。

  実はこのセグメントには問題点があって、 取替えが聞かないということなんです。 代わりの方法を検討してみる必要があります。    

 

ダーツライブ100sのセグメントの評判

そもそダーツライブ100sを購入する人はその静穏性能に 一番に惹かれていくようです。 そして、音量があまり出ないことに不満に思ってくると、 スピーカーのボリュームを上げる工夫をしてきます。  

改造してまで使用したくなる理由はセグメントにあり、 気持ちよく刺さってくれるのに、音が小さい、 という利点を兼ね備えているからなのです。 セグメントは専用に作り直していて、樹脂をやわらかく作っています。    

 

セグメントを長持ちさせるように改造

ダーツライブ100sを毎日使用しているとセグメントの不具合が出てきます。 よく使用する人は1年程度でもう出てきてしまうようです。 具体的にはセグメントの誤反応が増えてきます。   BULLに刺さったはずなのに無反応・・・。 などです。   原因はセグメントにありと思うかもしれませんが、 実際には反応を伝えるための、中のシートに問題があります。

  2013y08m12d_084244755

⇒ dartsLive100S修理・・・のつもり・・・

 

このスポンジボードを定期的にチェックをして、場合によっては 代わりのもので取り替えてあげると、さらに長持ちがしてきます。   セグメント自体は割れさえしなければ結構持つのです。 このサイトは参考になるかもしれません。    

 

セグメントの取替え部品はあるか

一番の問題はセグメントが割れてしまった場合です。 家庭用ダーツボードはセグメントの反応の仕方が違うために、   「これが変わりに使える!」 というものはありません。   しかも、dartsLive100Sは専用のやわらかい樹脂を使用しているために、 別な代わりをつけられたとしても、反応が変わってしまいます。 取替え部品がないかを探してみると、 サイトにはこのような一文が出ていました。  

 

ソフトダーツ専用となっております ※セグメントの交換、販売は行っておりません ※セグメントへ埋まったチップ除去について 穴の大きさはチップリムーバーに対応しております。 あまり強くやりすぎますと破損の原因になりかねませんので、 十分にご注意ください。

 

  ダーツライブ100sにはセグメントの交換部品はないのです。 代わりを探そうとしても、一番狙い目のオークションで この価格が限界になっています。

 

  ⇒ ダーツライブ100sのオークション情報

 

現在、生産が中止になったために、 買い換えるならオークションしかないのかもしれません。   定期的にチェックをしながら 大事に使用していくしかないのかも知れません。 100sが評判がよかったので、後継機が出る準備かもしれません。 ダーツが上達するには家に置けるダーツボードと はじめはアサシンだけをひたすら投げ込んでいくことでは無いでしょうか? 次のステップは、そのときに考えれば良いのです。