読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツプロorサラリーマン!?

ダーツ上達のための情報をまとめています。バレルについて、フォームについて、プロ選手について、ダーツボードについてなど。

橋本守容プロのフォームに要注意

アニーは大きな体とは正反対の優しい人柄で、 ダーツショップに行って実際にお会いした人は 皆がすぐにファンになってしまうそうです。   優しくて、頭が良くて、ダーツが日本一。

そのアニーこと、橋本守容プロであっても、フォームを真似ることで 近づけるようになれると思います。   しかし、4スタンス理論で考えている方には 橋本守容プロがどのタイプに属するのかを よく考えていかなければ、なりません。    

 

AⅡタイプはBⅠタイプか

 

なんとなくの分析の中では殆どの人が、 「AⅡタイプで間違いなさそう」 といっています。   その言葉を鵜呑みにしてもいいと思いますが、 グリップだけ、スタンスだけを見ていっても、 分からないと思うのです。   そこに一石を投じているのが私一人かどうかは分かりませんが、 橋本守容プロはBⅠタイプだと思うのです。

上記の試合の動画は、対戦相手の森勇気プロですが、 かなり変わった投げ方をしているために、 そちらにしか目が行かないかもしれません。   ダーツが結果がすべてだという証明でしょうか。    

 

まずはフォームを見てみよう

 

橋本守容プロのフォームは綺麗で正確です。 試合でもプレッシャーを感じていないような落ち着いた影方です。 だからこそ、分析はしやすいのだと思います。   私がいつも見ている分類の見分け方では、プラス ダーツを投げるテンポやスタンス、狙いをつける時間などです。 やはり本人に伺ってみないとはっきりとしたタイプ分けは出来ません。  

 

なぜBⅠだと考えるのか

橋本守容プロがなぜBⅠタイプだと思うかというと、 一番に思っていたことはフォームに掛ける時間が短いことです。 BⅠタイプは全体的に才能だけで投げている印象があるので、 テンポが速くなってくるのです。   しかし、AⅡに見られる、特徴も見えてきていました。 シャドーのような空投げをしてから投げるのです。

 

フォームの中にそれが組み込まれてきています。   そして、BⅠタイプとAⅡタイプは同じパラレルタイプだからです。 多くのプロ選手からはいいと思った部分を真似て、 自分のものにしてもいいと思います。 橋本プロについてはこちらもどうぞ。