読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツプロorサラリーマン!?

ダーツ上達のための情報をまとめています。バレルについて、フォームについて、プロ選手について、ダーツボードについてなど。

ダーツライブカードの自作改造その3

ダーツを続けていくとライブカードにオリジナリティを持たせたいと思ってきます。 前回までのチップを取り出す作業が経験を積んで慣れてくると、 レアカードを探して購入するよりも、希少性が増します。

  そこからはアイデア次第で、フェニックスとの合体カードも作れるのです。   

フェニックスカードを埋め込むことも可能

ライブカードと同様に、フェニックスカードもチップが 中に内蔵されている仕組みになっています。   そのために、ライブカードのチップをフェニックスカードの中に埋め込むことも、 その逆も出来るようになります。

 

2013y08m17d_114154036

⇒ しばち~♪栗林會  

 

それぞれ、チップを埋め込んである位置が違うために、 チップの取り出しの慣れているカードを使用したほうが、 失敗が少ないでしょう。   そして、チップの位置が違うために、 二つのチップを一枚に混ぜることも出来るのです。    

 

ライブカードとフェニックスカードを一枚にするメリット

ダーツを続けているとライブカード・フェニックスカードを1枚ずつしか持たない、 という人は少なく、複数枚数を持っていることが増えてきます。   状況に応じて使い分けていくことが増えてくるからです。 ダーツライブの場合にはレーティングによって 入場制限のあるダーツバーがあるために、 練習のためにレーティングを落としたくないこともあります。  

 

同じ使い分ける場合でも、合体カードはどこでも 練習を出来るように常に持ち歩いておいて、 マジダーツ用に別なカードを準備することもあるのです。 1枚にまとまっているカードはかさばらないので、 財布に常に入れておくことも出来るでしょう。   

 

フェニックスカードの仕組み

改造をするときに、ライブカードはチップの位置が固定されているので、 取り出しやすくなっています。   しかしフェニックスカードはチップの位置が固定されているとは限りません。 それはフェニックスカードの読み取り方にポイントがあります。 フェニックスはタッチ式になっているために、 チップが入っていれば形状はカードになっていなくてもいいのです。   場合によってはキーホルダー型などもでています。

2013y08m17d_120945010

⇒ フェニックスキーホルダーカー

 

つまり、チップの位置は決まっていないのです。 慎重にチップの位置を探りながらアンテナを 切ってしまわないように探していきましょう。   その点では改造するならライブカードの チップを取り出したほうがいいようです。