読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツプロorサラリーマン!?

ダーツ上達のための情報をまとめています。バレルについて、フォームについて、プロ選手について、ダーツボードについてなど。

知野真澄プロのグリップはどうか

グリップを分析したときに、予想通り、というか、 予想以上に綺麗なグリップをしていたのが印象的です。 知野真澄プロはグリップもフォームも綺麗で、 ダーツがうまいといわれても、 その通りだなと思ってしまう印象を持っていました。

  ひとつのやり方を極めた人は4スタンス理論に 興味を持たなくなっていますが、 見てみると、利に叶ったグリップになっていました。    

 

綺麗な手とグリップ

2013y08m09d_111626639

 

知野真澄プロのグリップをよく見てみると、 かなり深めに握りこんでいます。 人差し指をダーツの上から抱え込むように押さえて、 親指でも深めに持っています。   実際にグリップをこのように握ってみると、確かに安定していて、 ダーツが抜けることがありません。 もしかするとその日の調子に左右されないフォームに している気もしてきます。    

 

フォームから見た4スタンス理論の分析

a2

 

4スタンス理論ではパワーラインも取り入れています。   AⅡタイプのパワーラインは、知野真澄プロのようなグリップだと うまく出て気易いと思います。 さらにダーツを投げるときのフォームが2度目に投げるようにしています。   この点からおそらくタイプに分けるとするならば AⅡタイプに分類できると思います。 正確にダーツを投げられるようになるということは、 知らないうちに理想的なタイプの投げ方になってくるようです。    

 

回転を掛けないグリップ

 

知野真澄プロのグリップでダーツを投げると、 おそらく無回転で飛んでいくはずです。   その理由はダーツを親指でも人差し指でも深く握っているからです。 無回転で飛んでいくならば、いつもどおりのグリップで、 少しでも回転していたら、握りが甘いとの判断も出来るのです。

セッティングもここまでこだわっているのです。 じつは、知野真澄プロも小熊先生の弟子だと知っていましたか?