読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツプロorサラリーマン!?

ダーツ上達のための情報をまとめています。バレルについて、フォームについて、プロ選手について、ダーツボードについてなど。

ダーツライブ100s自宅スタンドの相性がいいもの

人気が高く、自宅でダーツを楽しみたいときには、 ダーツライブ100sが選択肢に出てきます。 設置に関して、考えて置けなければならないことは、 どのようなスタンドを一緒に購入するかです。

  ダーツには競技としての高さ、スローラインまでの距離などが決まっていて、 その距離から狙えるように訓練をしていきます。 いいボードの購入と同時にスタンドも考えておかなければ コソ練の効果が出ません。    

 

ダーツライブ100sとセットで販売されている相性抜群のスタンドは5種類

ダーツスタンドとダーツライブ100s別々に購入すると相性があわなくて、 「ないほうがまし」 なくらいにがたがたな取り付けしか、できなくなることもあるそうです。   ダーツライブ100sと相性のいいものは色別にも分けると5種類あります。  

それぞれ、

2013y08m12d_150144305

DYNASTY ダーツボード設置専用スタンド DY01 (黒白2種類)

 

 

 

 

2013y08m12d_150206477

マッキンリー ダーツスタンド  LR904/K

 

2013y08m12d_150241790

Mckinley ダーツスタンド LR903/K

 

  2013y08m13d_163320710

Mckinley ダーツスタンド LR900/K

 

で、 デザインと会社の違い以外には使い勝手は同じです。 ここで確認できることはこの4種類ならばダーツライブ100s取り付けが確認されているという点です。   どんなに難しくても必ず取り付けられると自身を持っていえます。

   

ダーツスタンドの価格と特徴

ダーツスタンドとセットで購入しようと考えると気になる点は 価格だけになります。 価格についてもあまり大きな利害はなく、 安いところでダーツライブ100sとセットで28000円、 高いところは30000円を超えています。

130623-0004  

 

しかし、現在ではダーツライブ100s自体がなくなりかけているために、 値段ではなく、購入できるところがあったら即購入、 が後悔しない買い方のようです。 以前はドンキホーテでも販売していたようですが、 現在はなかなか見つけることができなくなってしまっています。    

 

自宅スタンドの取り付け方

 

ダーツスタンドの取り付け方について、ダーツライブ100sは難しいといわれています。   それはねじできつくとめなければならないので、 手間なのです。スタンドの作成の仕方自体は 動画でよく実践してくれている人がたくさんいます。 ダーツライブ100sの取り付けはこの動画と同じくらいの手間がかかります。   しかし、一度取り付けてしまうと、 後はダーツを楽しむだけにもなります。