読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツプロorサラリーマン!?

ダーツ上達のための情報をまとめています。バレルについて、フォームについて、プロ選手について、ダーツボードについてなど。

アパートでもダーツライブ100sの防音が効果抜群

ダーツライブ100s防音に優れていてダーツボードで ピカ一だといういわれています。 防音に気を使って、そのことを売りにしているダーツボード自体が これまでになかったので、 アパート暮らしの場合にはなおさら信用してしまいます。

  実際に隣に響かないダーツボードとはどのようなことか、 考えて見ましょう。  

 

ダーツライブ100sの防音性能を他社と比較

 

ダーツボードの音の違いを考えるときに、 動画や音だと伝わりにくいものです。   この動画の中のイメージの違いダーツライブ100sだと思っていただけると、 イメージは伝わると思います。 ちなみに隣人に対する考え方では音よりも、 ダーツボードを壁に直接つけていないほうが重要です。  

直接伝わる振動が一番の問題になるからです。 ダーツスタンドを購入しない場合、 振動を抑える方法があれば試してみるべきでしょう。    

 

さらに防音を高める改造方法

これまでにない方法の防音加工に挑戦している方がいました。 サイトでは、ネットで調べて見つけたといっていましたが、 面倒な代わりに、ずいぶんときれいに音が防音できるようです。

 

  2013y08m14d_145317018

⇒ Hop Step Darts

 

面倒くさい、汚い、というイメージがつく 「分解して、隙間に粘土を敷き詰める」方法ですが、 確かに重くなる代わりにかなりの防音性能を出してくれます。   隣からクレームが来てしまうと、ダーツを楽しめなくなります

 

それ以降は気を使いすぎてしまって、やりにくくなるからです。 そこを考えると、ちょっと格好が悪くても、 ダーツスタンドを購入したり、 このような改造をしてみるべきなのかもしれません。    

 

外にまで響いていないかをチェックするには・・・

一番気になるところは隣に迷惑がかかっていないかです。 家の中では静かだと思っていることが隣からするとうるさいことだったり、 逆にうるさいと思っていても、外に出てみるとまったく音がしていなかったり、、、。   実際に体験してみないとわからないことはたくさんあります。 ダーツライブ100sを直接壁につけて衝撃を 伝えないことはまずはじめにできる方法です。  

 

自作でもいいので、スタンドをつける必要があります。 ほかのチェックでは隣のお宅から声が聞こえてきたときがチャンスです。 どれくらいの声ならばこちらまで聞こえてくるのか、比較ができるからです。   「これなら大丈夫!」 という明確な自信を持ってダーツの練習に励んでください。 そして次のステップへ進んでほしいのです。 ダーツ商材は早めに目をつけておいてもいいかもしれませんね。