読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツプロorサラリーマン!?

ダーツ上達のための情報をまとめています。バレルについて、フォームについて、プロ選手について、ダーツボードについてなど。

ダーツの初心者が最初に揃えたいセットはたったこれだけ!?

初めてダーツを始める人のために、最初の一歩をまとめておきます。 ただし、細かいルールを書いていくと、わかりずらく挫折をしてしまうかも知れませんので、 はじめかたルールーの覚え方成長の仕方だと思ってください。 楽しみが分かってくると、自分から「次はこれだ!」と学ぶようになっていきますよ。

   

まずはダーツそのもの選び方はアサシンか

2013y10m13d_140004790

 

ダーツを始めるに当たってまず必要なものは「ダーツ」でしょう。 種類や価格によって多くの違いが出てきますが、 それ以外にもフライトの違いや、シャフトなど選ぶものが増えてきます。 もちろん、ハウスダーツといって、各店に貸し出し用のものがありますが、 これは状態が悪く、多くの人が使用しているので、 本当に間に合わせでしかありません。 投げるたびに重さも形状も違うダーツを投げていると、 なかなか技術が結びつかず、やっていても楽しくなくなってくるのです。

 

初めの一回はアサシンがひとつあれば十分でしょう。 重さは18gが一般的なので、それにすると迷いがなくなります。 18gならば何でもいいのです。 取り合えずダーツを始められるだけのものがすべて入ってくれています。 次に必要だとすれば、折れてすぐになくなってしまう、 先っぽの部分、シャフトくらいです。 これは一本折れるという体験をすれば、 価格も安いので購入するようになると思います。

 

それからでいいのです。まずダーツを始めるならば、 アサシンを購入し、ダーツバーへ出かけるということだけで十分でしょう。 

 

ルールはその場で覚えていけばいい

2013y10m13d_135937684

 

ダーツを行ううえで、実はルールが意外と複雑になっていることにも驚きます。 最初の間違いは「真ん中が一番いい点数ではない」ということです。 ダーツボードの周りにはダブルリンクと、トリプルリングがあり、 その中に入れたほうが得点は高くなります。 ルールに関してはゲームによって違いがあり、 覚えてもすぐに次が出てきてしまいます。

 

そのために、まず必要なことはどこが何点になっているか、 ということだけで十分です。 真ん中は50点、周りの得点は数字が書いてあるので確認が出来ます。 ダブルリングはその得点が2倍、トリプルリングはその得点が3倍、 というそれだけで初めは十分です。 何より、投げていて、楽しいと感じるためには 初めに覚えることは少なくていいのです。    

 

最初のゲームはカウントアップ、それからクリケット

ゲームについては名前を2種類、ゲームのルールは シンプルにひとつをまずは覚えておけば十分でしょう。 覚えておいたほうがいいゲームの名前は「カウントアップ」「クリケット」、 ルールはカウントアップの 「とにかく高い点を取れるように投げていく」というだけで十分です。 難しいルールや難しい決まりを覚えなければならないと思うと 敷居が高くなってしまうだけです。

 

そして、練習では投げたい点数のところに入れていく、 という練習を繰り返していくことで、すぐに慣れていくでしょう。 さまざまな上達DVDが出ていますが、 プロになる直前まで使用できるものは小熊式くらいでしょうか。