読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツプロorサラリーマン!?

ダーツ上達のための情報をまとめています。バレルについて、フォームについて、プロ選手について、ダーツボードについてなど。

ダーツ レイピア3の科学的検証

村松治樹プロのモデルとして作られたレイピア3は 予定通り?売り切れに近くなってきています。 2のときには売り切れが多くて、どこに行っても「おまえもか」と いいたくなるほどでした。

レイピア3では3つの特徴を持つことが出来るようになってきています。

2014y02m23d_115203238

レイピア3の特徴を3段階に!

1、レイピア1に近い窪みが戻ってきた

2には無かった窪みを改めて付けた理由は、 レイピア3に関しては回転をかけるためです。 村松治樹プロは最近になって回転を意識してかけるように 変化をしてきています。 そのために、必要な回転をかけやすい形状へと戻ってきたんですね。

 

そこにカットを集中させることでさらに手に レイピア2と比べてもさらに手にフィットする感覚が出てきています。

 

2、シャークカット、マイクロカット、縦カットの組み合わせ

レイピア3の形状を見てみるとカットが入っている面積は あまり多くはありません。 それなのに中にはシャークカット、マイクロカット、リングカット、 縦カットが含まれています。 手に巻き付く感覚と離れのよさをぐっと出しています。

 

アサシンの場合には全体的にリングカットがかかっているだけのために、 よりレイピア3に移るとより、吸い付きやすさを実感できるようになります。

 

3、村松治樹プロのモデルのNo5規格

まず、レイピアシリーズはプロのモデルであるということです。 村松治樹プロが自分のために作ったバレルのために、 現在のHALの考え方に触れることも出来るのです。 その中でも今回はNo5規格を選べるようになりました。

新企画のNo5が先端を鋭く加工することも出来るために、 新しいバレルの形を作り出すことも出来ます。

 

こんな人にはお勧め

2014y02m23d_115214049

 

レイピア3の形状は間違いなく、回転をかけやすいという特徴を持っています。 もし、おすすめをするならば、今までよりももっと意識をして 回転をかけたい、というときに良いのかもしれません。 ダーツに回転をかけることは、安定して飛ぶことが出来るために、 ぜひ抑えておきたい技術です。

 

アサシンでは回転をかけてもあまりかかっている実感が持ちにくいかもしれません。 そのために回転のかかりやすいバレルで 練習することも良いのではないでしょうか? すぐにレイピア3を手に入れたい!

 

⇒ レイピア3の購入

 

HALについてはこちらもどうぞ。