読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツプロorサラリーマン!?

ダーツ上達のための情報をまとめています。バレルについて、フォームについて、プロ選手について、ダーツボードについてなど。

ダーツライブ100sの取り付け欠点

ダーツボード

業務用のダーツライブと同じ音、同じ反応をしてくれるダーツライブ100sには、 まだいくつかの欠点が存在します。 その中のひとつが取り付けの仕方が分かりにくい ということになるかと思います。

  静音性にも優れているので是非にと思っていても、 取り付けがしにくいのです。 いくつかの解決策を考えて紹介します。    

 

生産中止になった!?

ダーツライブ100sの価格は最近になって ちょっと高くなってきた印象があります。   確か最初に販売していたときの価格は、 15000円程度だったと思うのですが、 amazonでは現在20000円以上のものでないと 購入が出来なくなってしまっています。  

どうやら生産を中止していて、残った在庫を 販売しているだけになってきたようです。   確かに「残り、○台」という文字をよく見かけます。 もしかすると、新しいタイプのダーツボードを発売準備しているのでしょうか。    

 

ダーツボードで取り付ける

2013y08m10d_095112199

 

問題の取り付け方については解決策のひとつは、 ダーツスタンドを一緒に購入することでしょう。 ダーツライブ100sに対応しているダーツスタンドを購入すれば、 間違いなく取り付けをすることは出来ます。   しかし、ダーツスタンドは場所をとってしまうのと、 他に使用途が無いために、邪魔になる可能性が高いのです。 ダーツボードを直接壁につけない利点は音が広がらないことと、 壁を傷つけないことです。    

 

ダーツボードを自作する

自作するときにパーテーションを使用して、 取り付けるという方法もありました。 難しい代わりに価格が安くできる利点があります。   しかも、このように細かく、 過程を動画にしてくれていると失敗もしにくくなります。