読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツプロorサラリーマン!?

ダーツ上達のための情報をまとめています。バレルについて、フォームについて、プロ選手について、ダーツボードについてなど。

ダイナスティー ジュジャクの科学的検証

パク・ヒョンチョルモデルとしても出てきているダイナスティー ジュジャクの 最大の魅力は21gのモデルもあるということです。 通常のダーツと比べても重さから抜けのよさにもつながります。

ひとつは持っていて投げ比べるには、良いバレルでしょう。  

 

ダイナスティー ジュジャクの利点は?

 

仕様についてはタングステン95%、にシャークカット縦カットと 両方が入ったタイプです。 そのために、指の掛かり具合がよく、18gモデルを選んでしまうと、 掛かり具合から、抜けが悪いと感じてくるでしょう。

そのためにも21gをオススメしています。 ダイナスティー ジュジャクは最大の魅力である力強さが、 投げた直後に分かります。 それほど、すっと抜けてくれることは利点でしょう。 更に、慣性が強くなることで、外的要因(空気の影響など)受けづらく、 狙ったとおりにまっすぐ飛んでいきます。  

 

ダイナスティー ジュジャクのデメリット

2014y02m02d_145644334

 

逆に考え方をすると、デメリットも出てきます。 ダイナスティー ジュジャクの21gは最近では減ってきましたが、 バレルの重さ制限をする大会があることです。 余りにマイナーな大会や、ダーツバーでは行く前に調べておかないと、 20g以上のバレルは投げてはいけない、 ということが急に分かってくるかも知れません。

 

さらに慣性でぶれにくいダイナスティー ジュジャクは少し上を狙ったはずが 上に行き過ぎたり、下を狙うと落ちすぎたりする傾向があるために、 なれることに時間がかかるでしょう。 外的要因がもっとも少なく、まっすぐに飛んでいくために、 上級者でも起こる、まぐれ当たりが無いのです。  

 

どのような人にオススメか

2014y02m02d_145750180

 

まず。 ダイナスティー ジュジャクはまっすぐ飛んでいって、 気持ちいいくらいの早くトンでいきます。 あなたの予想よりも数段早いために、気持ちよく投げられるでしょう。 さらに、カットが前重心のあたりから、後方までかかっているので、 グリップはかかりやすくなります。 ダイナスティー ジュジャクがもっとも似合うオススメの人というのは、 ずばり、「汗っかき」です。

 

本当にいざ、というときは思わず汗をかいてきてしまいます。 そのときに、ダイナスティー ジュジャクならば、 カットがきつくかかっている分多少ですが、持ちやすいのです。 タングステン95%のコストパフォーマンスと21gという重さで 攻めているバレルも気持ちよく投げられるものです。

 

⇒ ダイナスティー ジュジャクはこちら!

 

ひとつ上のバレルへ!