読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツプロorサラリーマン!?

ダーツ上達のための情報をまとめています。バレルについて、フォームについて、プロ選手について、ダーツボードについてなど。

星野光正プロ、2007年のスランプの影響

2008年、自信のブログで「打ち明けます。(感謝と謝罪とお願い)」と題して、 スランプを打ち明けた星野光正プロは見事に復帰して、 驚異的な戦績をいまだに上げ続けています。 現在は星野塾という企画で定期的に指導もしている 星野光正プロのスランプから学べることは沢山あります。

   

スランプを受け入れられるダーツプロ

星野光正プロの凄いところはスランプになっても 自分の力で立ち直っていくことです。   ダーツに関しても強い信念があり、 「メンタルのスポーツだからやっているだけでメンタルが強くなる」 との思いで常の本気のプレーを見せてくれています。  

自分のスランプを受け入れて、悩んで成長できるかっこよさがにじみ出てきます。 2012年にも調子が悪くなっていました。 そのことも正直に打ち明けています。

 

⇒ 星野光正プロのブログ

 

しかし、このようなスランプに対しても、乗り越えられるから待ってて、 との堂々とした返事がとても好感が持てるのです。    

 

最近の星野光正プロ

2012年の調子の悪さも、年末にはトーナメントに出場し、 8位にまで戻っています。 正直にダーツと向き合うということは、 スランプに対しても強くなっていくのですね。   一度スランプになったときにどうしたのか、どのように考えていたのか、 悩んで向き合っていくことがいいようです。

最近ですと、JAPAN Division2予選ラウンドロビン 通過選手リストの32番に 名前が載っています。   まだまだ復活の期待が出来るダーツプロだということです。    

 

スランプの抜け出し方

星野プロがスランプから脱出したときの体験は、参考になります。 http://www.s-darts.com/html/page326.html この中で星野光正プロは初めにしたこととして、 ダーツに対する思いを見つめなおしたそうです。  

メンタルがぼろぼろになったスランプの時には、とにかく練習、 ではなく、 考えることを第一にしていったほうがいいのかもしれません。   普段の100倍考えてダーツに向き合うと自然と答えが出てくるのでしょう。   私は・・・。 小熊式にあるイップスの治し方を実践しています。 たった一言で治し方を伝えることもできるのですね。