読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツプロorサラリーマン!?

ダーツ上達のための情報をまとめています。バレルについて、フォームについて、プロ選手について、ダーツボードについてなど。

鈴木猛大プロのスタンス研究

矢速が早く、熱いダーツを見せてくれる鈴木猛大プロのスタンスを 研究するには4スタンス理論の研究が一番早いと思われます。 鈴木猛大プロはB1タイプのダーツプロでスタンスも B1タイプを綺麗になぞっています。

  スタンスが固定されていて、いつも同じ投げ方をしています。    

4スタンス理論のB1タイプを研究すれば結果が見えてくる

 

BⅠタイプのダープロは人数が余り知られていなく、 ダーツには向かないとも言われています。   その迷信を払拭してくれるのが鈴木猛大プロだともいえます。 BⅠタイプは後ろ足から肩までの体軸が出来ていて、 体全体が固定されています。   動画でチェックをすると、投げるスピードが速いので、 狙いも早くに固定されています。    

 

スタンス上半身

テイクバックは耳の横まで引いて、投げているために狙いは その前に決めているようです。 体の上半身はひねってはいないために、 腰と肩が平行に固定しています。   腕以外には全く動かず、フォームが身体に浸透しているからです。 投げ方が綺麗、といわれている根拠は からだが全く動かないことにあります。    

 

狙いのつけ方は腰から

2013y08m09d_172132948

 

動画の中で6:05からの3投を見てください。 初めの2回は身体を前に傾けていて、 3投は上半身を少し起こして投げています。   3投目は狙いを上に上げたからです。 その動きが機械的で、正確になっています。  

ダーツプロによっては狙いを肘からつけるプロも居ますが、 鈴木猛大プロのスタンスでは腰から 上半身全体を動かして狙っています。 グリップもキチンと作られています。