読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツプロorサラリーマン!?

ダーツ上達のための情報をまとめています。バレルについて、フォームについて、プロ選手について、ダーツボードについてなど。

勝見翔プロのセッティングに掛ける思い

独自のバレルなどよりも、技術を向上させるために 意識が向いている、筋の通ったダーツをする印象があるのが勝見翔プロです。 2010年にスーパーダーツで優勝してからは、 今までの練習に自信を持ってだした商材

は、 セッティングなどを気にしないで、 技術を学ぶことを由としているのかもしれません。    

 

バレルが一番大事ですが

2013y08m09d_085748459

 

DMC Marverick 18g ダーツのバレルは高ければいいというものではありません。 勝見翔プロが使用しているバレルはスポンサーの会社から選び、 一番クセの無いものを使用しています。   重さは18gと一番一般的なものにして、 自然にダーツを投げられるようにセッティングしていくのでしょう。    

 

フライトとシャフトとチップと

2013y08m09d_085720569

DMC ナイロンシャフト ミディアム

 

2013y08m09d_085659473

TEFO

 

2013y08m09d_085644650

DMC Flight スタンダード

 

フライト、シャフト、チップに関しても、 特にこだわっているという印象はありません。  

しかし、全体のバランスがとてもよく、ダーツの調子の いい悪いが無いようなセッティングをしています。 たとえばチップを選ぶ基準としても、先が曲がりにくく、 頑丈でいつもまっすぐになりそうだから、という理由からです。  

ダーツのセッティングにこだわるというよりも、 いつも同じ状態で投げられるセッティングを探してこうなった、 とも言えるのではないでしょうか。    

 

選ぶ基準はただ一点

その他のインタビューでも漏らしていた言葉です。 「バランスと安定感を考えてセッティングをしていく」   ほかの事は何も考えずに、 自然に投げられるものを選んでいるということでしょう。 ダーツプロはセッティングにこだわる人と、 全くこだわらない人と居る気がします。  

 

ただし、共通していることは、いい状態のダーツに保つことです。 勝見翔プロが沿うということではありませんが、 こだわりがないだけで、いい加減な扱いはしていないのです。